SPEEDについて紹介します!

歌手グループのSPEEDについて紹介します。

SPEEDのメンバーについて

1990年代に活躍した、女性の4人組ユニットで、メンバーは島袋寛子、今井絵理子、上原多香子、新垣仁絵でメインボーカルは島袋寛子と今井絵理子の2人。

ダンスとコーラス担当は上原多香子と新垣仁絵の2人であった。

4人全員が沖縄県出身の女性グループであり、沖縄アクターズスクールの出身であることは有名である。

デビュー当時は小学生や中学生であった彼女たちだが、パワフルなダンスと歌声で、当時の小さな子から大人まで人気があった。

特に島袋寛子は高音のボイスが印象的で、SPEEDの時代にもソロでシングルを出すなど活躍していた。

今井絵理子も男女共に人気があり、ドラマの主演を務めるなど活躍の幅を広げていた。

上原多香子は歌声というよりは外見の美しさにも人気があり、男性のファンも多かった。

新垣仁絵はダンスが得意でメリハリのあるダンスは世間の人々を魅了した。

そんなSPEEDはBody&Souelで初のシングルを発売し、大ヒット、たちまち世間の若者たちの心を掴みヒットソングを出していく。

このデビューシングルで日本レコード大賞、新人賞を受賞、そこから沢山のヒットソングが生まれ、数々の賞を受賞し音楽番組やラジオなどいたるところで彼女たちのヒットソングが流れた。

SPEEDの代表曲とヒット曲について

SPEEDの代表曲、そして冬の代表曲としてもカラオケなどで歌われている客といえばwhite loveである。

しっとりとしたlove song は当時の若者達の心をつかみ、現代も変わらず愛されている。

更に卒業ソングの代表曲といえばMy graduationである。

この曲も3月の卒業シーズンを迎えると聞きたくなる曲の一つである。

その他にもALL My True LOVEやALIVE、Precious Timeなど数々のヒットソングを残していった。

週間オリコンランキングでも数々の曲が1位を獲得していた。

またアルバムに至ってもミリオンを記録している。

そして活躍中にはいくつものライブを行っていった。

役者としてのSPEED

そして音楽以外でも活躍の幅を広げ、SPEED主演の映画、アンドロメディアではSPEED全員が主演を務め、中でも島袋寛子はSF映画の難しい役どころに挑戦している。

明るい印象の彼女たちだが、この映画ではしっとりとた演技で感動作となった。

その映画の主題歌もヒットソングの中の一つであるALIVEであり、この曲でさらに映画を盛り上げた。

島袋寛子においてはドラマ天使のKissにも主演、女優としても活躍していった。

バラエティ番組でも活躍していたSPEED

テレビ番組では、THE夜もひっぱれ、アムロ今田きっとNo.1のレギュラーとして出演、またラジオ番組でもレギュラーを務めるなど、音楽から映画、テレビまでメディアで見ない日はないといっても過言ではないほどの人気ぶりであった。

CMでも大活躍のSPEED

またテレビCMにおいても大活躍、アサヒ飲料の三ツ矢サイダーやカップ焼きそば、ロートリセの目薬のCMで彼女たちが使用した物は人気商品となり、目薬は当時の若者達の殆どがこぞってロートリセを買い求めた。

24時間テレビで主役に抜擢

更に人気のアイドルが務める代表といえば24時間テレビ、1999年にこの24時間テレビに主演している。

SPEEDの解散について

そんな当時大人気でまだまだヒットソングを生み出せた彼女達であったが、Long way Homeを最後に2000年に惜しまれつつも解散となった。

その後24時間テレビを持って期間限定の再復活などを行なっていたが、2008年に再起動となる。

SPEEDメンバーの現在について

しかし、今井絵理子や上原多香子の結婚や様々な状況の変化の中で、シングル曲を発売するが、以前のようなヒットソングとはいかず、現在は各々で活躍の幅を広げている。

特に今井絵理子は一児の母であり、政治家としても活躍をしていた。

コメント