【再結成は?】伝説のバンド、ロードオブメジャーを紹介します!

みなさんはロードオブメジャーというバンドを覚えていますか?若い人は知らない方も多いかもしれません。
今から16年ほど前、インディーズにも関わらず爆発的なヒット曲を生み出したロックバンドです。

〈メンバー〉
○ボーカル:北川賢一 兵庫県神戸市出身
○ギター&コーラス:近藤信政 広島県広島市出身
○ベース&リーダー:松本賢一 群馬県高崎市出身
○ドラム:上原彰兼 沖縄県那覇市出身

〈結成秘話〉

このグループは元々テレビ東京の「ハマラジャ」というドキュメンタリー番組の企画で誕生しました。

『全国にいる実力のあるバンドマンをヘッドハンティングして新たにバンドを結成。共同生活を送りながら曲を作り、100日間で50箇所を回ってライブをする。デビュー曲が完成したらインディーズとしてシングルを発売。オリコン初登場50位以内に入ったらメジャーデビュー。入らなければ即解散。』というものでした。なのでみんな出身地もバラバラです。

元々それぞれがバンドを組んでおり、企画に参加するにはそのバンドを脱退しなければいけないというものでした。

脱退すれば迷惑がかかる…

でも新しくバンドを組めば、夢であるメジャーデビューができるかもしれない…

それぞれに葛藤があったと思います。

そしてまったくの見ず知らずの人と突然バンドを組んで、しかも共同生活を送るなんて…過酷だということは想像できますよね。

もちろん上辺だけの関係でいつまでも続けられる訳もなく、本気でケンカをすることもありました。部屋を飛び出すこともありました。でも彼らの目指すものは一つだったので、徐々に絆を深めていきました。

そんな中、2002年にシングル「大切なもの」でデビュー。結果、条件を大きく上回る初登場16位。最高2位にまで上りつめます。
売り上げは91万枚を超える大ヒットとなり、インディーズ歴代1位の記録を叩き出しました。

メジャーデビューができる条件をクリアしましたが「まだ自分たちは結成したばかりで未熟過ぎる」と感じた彼らは、まず1年はインディーズのまま活動する道を選びました。

その後もヒット曲を連発し、4枚目のシングル「心絵」で念願のメジャーデビューを果たします。
メジャーデビュー後も数々のシングルとアルバムをリリースしていましたが、2007年に音楽性の違いを理由に解散を発表しました。

聴いてほしいロードオブメジャーの楽曲紹介

大ヒットとなった「大切なもの」は耳にしたことがある人も多いと思いますが、彼らの歌には他にも名曲が多数あります。

ロードオブメジャーの歌は主にボーカルである北川賢一さんが作詞作曲しており、王道のラブソングのようなものはなく、夢を追う苦悩や葛藤を歌っているものがほとんどです。彼ららしいですよね。中でもオススメのものを2曲紹介します。

足跡


主にアップテンポの曲を発表していた彼らの、初めてのバラードです。

2枚目「雑草」と両A面シングルとして発売されましたが、テレビ番組では「雑草」が多く歌われていたため、あまり知られていないかもしれません。

こちらの歌詞には、元いたバンドを脱退して新たに結成した彼らの葛藤や決意が描かれていて、境遇を思い返してながら聞くと、じんと胸に響いてきます。

親愛なるあなたへ…


こちらは彼らには珍しく、親への感謝の気持ちを歌ったものです。結婚式の親への手紙などで流したことがある方もいるかもしれません。

この曲のポイントは、間奏に近藤信政さんが奏でるギターのメロディです。とても心地よくキレイな音色で、歌詞の魅力をより引き立たせてくれています。

ロードオブメジャーの現在は?再結成はあるのか?

惜しまれながらも5年間の活動にピリオドを打ったロードオブメジャー。どうやら再結成の可能性はないようです。

現在もそれぞれ音楽活動を続けているようなで、今後益々の活躍を期待したいですね。

コメント